Skip to content

串間紙器工業株式会社とは

霧島裂罅水を工場内で使用し、段ボールケースを製造しています。

多様なニーズに応えるため
常に技術の研鑚と厳格な品質管理により
製品の信頼性を高めています。

霧島裂罅水を採掘しました。

Kushima Cardboard-box Industry Co., Ltd. 串間紙器工業株式会社

串間紙器工業株式会社 企業概要

About “Kushima Cardboard-box Industry Co., Ltd.”, Our company


事業所名: 串間紙器工業(株)
郵便番号: 899-4103
所在地: 鹿児島県曽於市財部町下財部1596-1
電話番号: 0986-72-3800
FAX番号: 0986-72-3813
代表者: 串間 保寛
資本金: 一千万円
従業員数: 32人
創立年月日: 大正10年1月1日
概要: ダンボールケース製造
取扱商品: 包装資材一式
工場敷地: 19,000㎡
建坪: 7,569㎡

串間紙器工業株式会社 企業沿革

Company History

大正10年1月 紙器函製造業として創業
昭和45年7月 串間保により法人設立
昭和50年2月 段ボール製造に進出
昭和54年2月 財部工場開設(敷地8,724.82㎡ 工場1,590.26㎡)
昭和55年4月 資本金1,000万に増資
平成元年11月 財部町より隣接地を取得。工場敷地13,132.66㎡。
平成24年5月 霧島裂罅水を採掘
平成24年11月 工場敷地 17,258.66㎡
平成27年10月 生産管理システムを一新
平成28年5月 工場増設 7,569㎡
平成29年5月 古紙処理装置・サイクロン一新
平成29年7月 三菱重工機械システム㈱のEVOL 4FGR-100導入
平成30年11月 インパクトディスペンサー導入
平成31年4月 工場敷地 19,000㎡
令和元年12月 CAD対応自動高速レシプロカッター導入
令和3年4月 旭マシナリー(株)自動平盤打抜機AP-165EⅡ型導入